インテリア・デコ|Interior Deco

カーテンについて

ABOUT THE CURTAIN

Clothing fabric

カーテン生地の種類

カーテンの生地

重厚感のある厚手のカーテン生地をドレープ生地といいます。
高い密度で生地が織られているため手に取った感触が素晴らしく滑らかで、また装飾性に優れたカーテン生地です。またドレープ生地は、遮光性、遮蔽性、防音性、断熱性などさまざまな機能を備えているのが特徴です。

カーテン生地の種類

カーテンの生地

フラット(織の無い真っ直ぐな状態)に仕上げた無地の生地に、柄をあとからプリントしたものです。
織りで柄を出すドレープと違い、スクリーンのような自由な表現が可能です。
色彩豊かでファッショナブルなカーテンに向いています。

カーテン生地の種類

カーテンの生地

一般的にレース生地とは透明感のある薄手のカーテン生地の総称です。これを大きく二つに分類すると、編み機を使って編んだ生地「レース」、織り機を使って織った生地「ボイル」があります。
また、レースカーテン単体ですと透過率が高く外から屋内の視線を防ぐ効果は期待できません、その上強い日差しは遮ることが出来ないのです。
そのため多くはドレープカーテンやプリントカーテンとの二重吊りで使われますが、高級レースカーテンは機能が付加されていて、単体のみでも主役として窓辺を演出することが出来ます。

カーテン生地の種類

カーテンの生地

ドレープカーテンとレースカーテンの中間的なカーテン生地です。
見た目はレースカーテンに似ていますが、レースよりも素材的にバラエティに富んでいて、レース的な軽快さの中にもドレープのようなボリューム感を併せ持っています。
単体のみでも主役として使えますし、ドレープとの二重吊りにも使えます。

↑ページの先頭に戻る

株式会社インテリアデコ

福岡県福岡市中央区薬院2丁目12-22 ロイヤルマンションアフレックス薬院1F