インテリア・デコ|Interior Deco

カーテンについて

ABOUT THE CURTAIN

Style

スタイル

カーテンのスタイル

垂らしたときはロールスクリーンと同じで、1枚の平らな布です。コードを引くとブラインドのように折りたたまれていきます。外から見ても生地裏の見えない両面タイプもあります。下のラインに心棒を入れて直線的にしたものを、シャープシェードまたはシェイパースタイルといいます。このプレーンシェードを2つくっつけて、後ろにレース、前にドレープ(厚手の生地)としたものはツインシェード(ダブルシェード)と呼ばれます。

スタイル

カーテンのスタイル

プレーンシェードとは、シェードを引き下げたときにヒダやギャザーのないプレーン(平面)な状態になるという最もシンプルなスタイルです。引き上げると自然なヒダを出しながらたたみ上がっていきます。

スタイル

カーテンのスタイル

普通の両開きと同じ形で、シンプルです。ギャザーヒダをつけ、フリルがついているのでスタイルカーテンになります。縦長の窓に適しています。

スタイル

カーテンのスタイル

センタークロスを中央で交差させたスタイルです。大きな窓を豪華に飾るにはこれが一番です。カーテンレールを2本つけないと、左右に開けることはできません。

スタイル

カーテンのスタイル

裾をフワッとした感じにするのがコツです。全部下げると1枚の平らな布になります。コードを引くと上に引き上げられます。レースというより、布のような目の細かい生地で作るときれいです。

カーテンのスタイル

フリル付

スタイル

カーテンのスタイル

いくえにも重なったヒダが、光をやさしく部屋に導きます。宮殿のような豪華な雰囲気を作り出します。横長の出窓に適しています。

スタイル

カーテンのスタイル

たて長の窓におすすめなのがこれ。真中をちょっとつまんでリボンを垂らしたように工夫しています。大人っぽい雰囲気のなかにかわいらしさもあります。

スタイル

カーテンのスタイル

明るい日差しの中で、軽やかさを演出したいのなら、これが一番でしょう。たて長の窓が、2ツとか3ツ並んだところにかけると、リズミカルな印象です。

スタイル

カーテンのスタイル

6角形の出窓にお似合いなのがコレ。部屋の中から見てももちろんいいのですが、外から見るととてもチャーミング。名前のとおり1つずつ別々になっています。

スタイル

カーテンのスタイル

出窓に一番使われるのがこのタイプです。バリエーションがいくつかあり、すそのかたちでAタイプBタイプ・・と別れています。この絵のように3つに区切られているもの、4つのもの、円弧がたのもの、などがあります。いずれも固定式です。

↑ページの先頭に戻る

株式会社インテリアデコ

福岡県福岡市中央区薬院2丁目12-22 ロイヤルマンションアフレックス薬院1F